超簡単カールアイロンpart2

2012年6月 7日 Posted in スタッフブログ Hair's-CLIP

超簡単カールアイロンですが、今回はミディアムでの簡単なやり方をやっていこうと思います!

これくらいの長さは今一番多いのではないかとおもいます。
CLIPのお客様でも、かなり多いです。

まず、アイロンをする前にしっかりとブローして髪を扱いやすくしておきましょう。
okano 008.JPG
この時、癖のひどい方はストレートアイロンでしっかり根元をのばすと綺麗にしあがります。

毛先にベース剤をつけてあげるとやりやすくなります。

まず、耳から前の髪を巻いていきます。
okano 003.JPG
耳から前の髪の毛を上下にわけ、上の髪はピンでとめておきましょう。

下の髪の毛を、リバース(外巻き)にまいていきます。この時、耳から前の髪をひ

とつかみで毛先から巻き込んでください。そうすることで、巻く髪の量が多くな

り、根元まで巻き込んでもカールがつくのは毛先だけになります。ムラを防ぐには

最高です。
okano 004.JPG
こんな感じです。カールがつくのは毛先だけになります。
okano 005.JPG
続いて上半分も毛先から根元へ巻き込みます。この時、アイロンに慣れている方は

高温でも良いのですが、慣れてない方は150度位に設定されたほうがやりやすい

とおもいます。

はじめての方はまず、スイッチを入れずにやってみてください。慣れてきたら徐々

に温度を上げていくことをおすすめします。
okano 006.JPG
次は後ろの髪です。まず、サイド同様に上下に分けて下の髪から巻いていきま

す。

難しくやる必要はありません。後ろの髪は前に持ってきたらやりやすいです。

後ろはフォワード(内巻き)に巻いていきます。

逆も同様に前に持ってきてフォワードに巻き込んで下さい。

首にアイロンを当てないように注意してくださいね。

ちょっと首を傾けるとやりやすいです。
okano 012.JPG
巻き終わるとこんな感じになります。

リバース(外巻き)とフォワード(内巻き)がいい感じに混ざってくれます。

実はこの後が大切です。
okano 009.JPG
ワックスを付ける時これをやるかやらないかで持ちがかなり変わってきます。

日本人のほとんどの人に当てはまることです。ここさえ押さえとけば雨の日に髪

が広がりにくくなります。

okano 010.JPG
まずはここ、こめかみの延長線のてを添えているところ。

ここにワックスを根元に付けちゃってください。いいんです。ここを潰しておい

たら後々楽です。
okano 011.JPG
もう一箇所はぼんのくぼです。手を添えているのを参考にしてみてください。

ここにも根元にワックスをつけ潰してみてください。

そしたら、もう一度ワックスを手にとり(10円玉位で良いとおもいます。)

中間から根元に揉みこんでください。
okano 002.JPG
後は、まとまっている毛束を裂いて空気を入れるようにもみもみします。

こうすることで、ふわふわな仕上がりになりますよ。

この時さっき潰しておいたところが良い仕事をしてくれます。潰した所との毛先

と上からかぶせる髪の毛先に少し空間が生まれふわふわ感をだしてくれます。

雨が降ってるとき、ボリュームとなって邪魔をするのも実はここなんです。

最初から抑えてあげれば広がりもおさえることができます。

これも、簡単なので是非お試し下さい。


超簡単ストレートアイロン編

超簡単カールアイロン編

超簡単カールアイロン編part2



お問い合わせは: お問い合わせフォーム もしくは、下記までお電話を
■ Hair’s-CLIP 083-922-6332  ■ Hair-Time 083-928-3020
お気軽にご連絡下さいませ!
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)