超簡単カールアイロン編。

2012年6月 7日 Posted in スタッフブログ Hair's-CLIP

前回はストレートアイロンを使用したスタイリングでしたが、ストレートアイロンの次はカールアイロンを使ってイメージを変えてみましょう。
岡野 149.JPG

まず、準備するものですが、髪の毛を乾かす時のアウトバスアイロンの跡が付きやすくなるようにアイロンのベース剤ワックス、カールアイロンを準備します。アイロンは太いほうがやりやすいです。細いと跡は付きやすくカールの持ちも良いのですが、はじめての方にはちょっと不向きだとおもいます。
なので、ちょっと太めのアイロンをおすすめします。
今回は32ミリを使用します。

岡野 150.JPG
巻く時はこのように上と下半分に分け、上の髪はピンでとめておきましょう。

まず、下半分の髪の毛を毛先から巻き、根元まで巻きます。
岡野 152.JPG
次に、頭のてっぺんにボリュームを出したいので、てっぺんの髪の毛を真上に引き

出し毛先から根元までまいていきます。

そうするとボリュームがでやすくなります!
岡野 154.JPG
次は、さっき下の髪の毛を巻いたのでてっぺんから少し前の表面を巻いていきま

す。

同じく毛先から根元まで巻いていきます!
岡野 155.JPG
前髪はおでこを火傷しやすいので注意してね!
岡野 158.JPG
反対側も同じように巻いていきます。
岡野 160.JPG
全部巻き終わったら、こんな感じになりました。ここで、髪の中間から毛先にか

けてワックスを揉みこんであげてください。

ワックスにもいろいろありますが、ファイバー系(ビヨーンと伸びるタイプ)は

時間が経つともともとの癖が出やすいのでミルクタイプをおすすめします。あま

り固くない方が自然な感じになりますよ。
岡野 169.JPG
ワックスを付けるときは数回にわけて付けたほうがうまくいきます。

これは一箇所に付きすぎるのを防止するてめです。

毛先から優しく空気を入れるように揉みこんでください。

こうすることでボリュームの調整も簡単になります。

毛先を裂いてちらしてあげたり、毛先を外に向けたり自由に髪がうごいてくれる

はずです。
岡野 166.JPG
あとは、お好みでいろんな形にしてみてください。

今回は簡単ですが、このやり方はショートからロングまで使えるやり方です。

巻くときに毛先をしっかり巻いておくと、時間がたってだれてきても毛先が動くので良い感じになってくれます。

アイロンが苦手な方も出来ると思いますぜひ一度試して見てくださいね!


山口の美容室CLIP


超簡単ストレートアイロン編

超簡単カールアイロン編

超簡単カールアイロン編part2


お問い合わせは: お問い合わせフォーム もしくは、下記までお電話を
■ Hair’s-CLIP 083-922-6332  ■ Hair-Time 083-928-3020
お気軽にご連絡下さいませ!
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)